野田冷峰『曙光のガレ場』出来ました!

 

 

句 集:曙光のガレ場(しょこうのがれば)

著 者:野田 冷峰(のだ・れいほう)

 

シングルマザーつかず離れずお月さん

冷峰さんが生み出す一連の作品は、現代における社会性俳句と言っていい。

社会性俳句を定義することは難しいが、彼の作品には、戦争・原爆・事件・格差社会・生活困窮・過疎化など、あらゆる社会問題や不条理に関心を持ち、事件記者としての鋭い視線と、市井人としての優しさの融合をもって詠いあげる、豊かで切ない詩情が顕著である。        ―林 誠司―

 

【収録句より】

子を連れて詫びたあの日の月夜かな

エノラゲイ雲間に見ゆる聖夜かな

夜食にも一行詩あり子らの飢

夏山の移動販売婆が待つ

黒葡萄刑執行の房重し

非正規を生きてサクサク霜柱

三十年御巣鷹の尾根露しぐれ

君が代にそむく一輪菫咲く

つまずけば呼ばるる思い秋彼岸

山茶花や妻在りし日も逝きし日も

波照間の水平線に銀河澄む

身に入むや弾圧史碑に蝌蚪一匹

敗戦日現人神の罪と罰

ISBN978-4-909672-31-5  定価2,750円(税込)

 

【著者略歴】

東京都東久留米市在住  本名:幸雄(ゆきお)

1942年 東京都豊島区池袋生まれ

1961年 日本経済新聞社入社 編集局工業部中小企業課配属、商店街担当記者

1966年 社会部に転属、事件記者 

     以来、記者生活30有余年を主に事件取材で過ごす。

1995年 法務室長

2000年 役員待遇

2006年 定年退職

俳句は1997年よりスタート。

日経社会部OB句会「酔吟会」に参加、その後「日経俳句会」「番町喜楽会」「谷端川句会」「谷中句会」などに参加。

2016年 俳句愛好誌「海光」(代表:林誠司)に創刊より参加

NPO法人大明理事、「海光」同人

 

 

飛鳥もも『壺中の蝶』出来ました!

 

句 集:壺中の蝶(こちゅうのちょう)

著 者:飛鳥 もも(あすか・もも)

 

この生を詩に咲かせたし柿の花

作者は短い人生を詩的抒情性をもって、自然とともに十七音にこめる。

菜の花は故郷や母の歌声を思い出させ、月を見れば父の魂に話しかける。

しゃぼん玉は残りの生の儚さを象徴する。

水や石は春の光にふくらむ。

作者の詩魂は夢の蝶に化身して、壺中で自由に飛びまわる。

俳句という〝壺中〟に造化の不思議がこめられる。

―坂口昌弘-

 

【収録句より】

その席は君がかがやく花ミモザ

ひだまりの石のふくらむ桃の花

夢ごこち出入り自由の壺の蝶

頬杖はときに道草春の雪

現し世の光集めてしやぼん玉

昔から君は壺中で遊ぶ蝶

打ち水の乾き月日は飛ぶやうに

水音やあぢさゐの青ふくらます

夫の背やいづれは一人夏蜜柑

忙しいを美学のやうに蟻地獄

引力と浮力の関係夏の恋

白日傘ひらいて今日の翼とす

もう父を召させ給へよ冬椿

ISBN978-4-909672-30-8  定価3,300円(税込)

 

【著者略歴】

兵庫県川西市在住

1952年3月 大分県日田市出身

現・大分県立日田三隈高等学校卒業

 

1972年 大阪にて就職

1981年 独立

2014年 退職

 

 

 

 

 

荒川心星(「鴻」顧問)『旦夕』出来ました!

 

句 集:旦夕(たんせき)

著 者:荒川 心星(あらかわ・しんせい)

 

菊焚いてこの世といふは遊びごと

著者が卒寿という歳月を貫き通して来たものは、詩人としての遊びごころであろうか。逢えば暮らしを語り、夢を語る著者の遊びごころが美しき詩を生み出している。

-増成  栗人「鴻」主宰-

 

【収録句より】

爽やかにあり一瀑の水こだま

亡き母に語りかけては黒穂抜く

遠きものばかりが見えて螢の夜

百の薔薇咲きゐて百の日向あり

熔岩原を踏めば晩夏の声がする

貝風鈴しんそこ青き月のぼる

澄みきつてをり旧盆の潦

潮騒を聴き手花火を落とし合ふ

棉吹いて吹いて鴻司の忌でありぬ

歩を止めよなづなはこべら咲く辺り

十二月病む妻の手のあたたかし

この家に生れしはむかし麦の秋

 

 

ISBN978-4-909672-28-5   定価2,800円(税込)

 

 

【著者略歴】

愛知県知立市在住。

1931年 愛知県豊田市に生まれる

1970年 「松籟」入会

1972年 「河」入会

1975年 「松籟」同人

1978年 「河」同人

2006年 「河」退会

2007年 「鴻」入会

2012年 「鴻」蒼韻集同人

現在 俳人協会会員、「松籟」天韻集同人、「鴻」特別顧問、「星の道」主宰

知立市文化協会文化功労賞受賞(2005年)

 

 

 

松本余一(「海光」同人)句集『ふたつの部屋』出来ました!

 

 

句 集:ふたつの部屋(ふたつのへや)

著 者:松本 余一(まつもと・よいち)

【序 文】林 誠司「海光」代表

 

ゲルニカの馬にたづねよ八月来

驚くのは余一さんの俳歴が僅か四年ほどであり、これらの作品群がほぼここ一年の作であることだ。

氏の作品には揺るぎない文学的志が宿っており、作品全体に情熱がみなぎっている。

―林 誠司—

 

【収録句より】

てのひらが包まれてゐる春日かな

目隠しをほどく手やさし花の雲

うららなり眠るも死ぬも眼鏡とる

風鈴や買ふとき風に好かれたる

森青蛙すこし動いて泡のなか

伊予みかん目の前あがる夏の月

復活はだれにもあつて万年青の実

この川にまぎれてゆけば秋の海

きのふよりけふの松島ななかまど

幸せは大地すれすれ福寿草

リハビリの様子問はるるラクダシャツ

咲いてゐるつもりのなくて返り花

 

ISBN978-4-909672-27-8   定価2,750円(本体2,500円+税10%)

 

【著者略歴】

本名・成雄

昭和14年 東京都小金井市生まれ

昭和37年 青山学院大学文学部英文科卒

平成29年 NHK学園「土曜俳句教室」受講、「ひろそ火」入会、木暮陶句郎に師事

平成31年 第20回NHK全国俳句大会 入選

令和2年  第8回ひろそ火賞 佳作

       第21回NHK全国俳句大会 秀作

       第23回夢二俳句大会 上毛新聞社賞

令和3年  第9回ひろそ火賞 佳作

       第22回NHK全国俳句大会 入選

       「海光」入会、林誠司に師事

     句集『言霊』刊行

 

《住 所》〒184‐0012 東京都小金井市中町1‐7‐16

石田雨月(「ひまわり」同人)句集『諸葛菜』出来ました!

 

 

句 集:諸葛菜(しょかつさい)

著 者:石田 雨月(いしだ・うげつ)

【序 文】西池 冬扇「ひまわり」主宰

【跋 文】西池みどり「ひまわり」副主宰

 

両切りのピース吸いいし夏野かな

風雅の誠の求道者・石田雨月さんは情の人であり、家族愛にみちた人である。

庶民の気持ちを格調をもって詠じる風流師である。

ますます自由の境地で句の世界を広げていってほしい。

-西池  冬扇-

 

【収録句より】

踊り子に余寒の舞台回りけり

サッカーの傷を洗えば鳥わたる

病棟にたれか笛吹く秋の暮

なお白し霧のゆくえの男郎花

雪折れの赤松ならん無言館

春の夜の絵皿に試す墨の色

柔道着無口にたたみ夏終る

大塔へ寺の傘借る花の雨

昨日今日とつなぐ命や梅白し

鳴き龍を鳴かせ我が子と秋惜む

 

ISBN978-4-909672-25-4  定価2,500円(税込)

 

【著者略歴】

本名・秀憲(ひでのり)

昭和22年8月 徳島県鳴門市撫養町に生まれる

昭和59年6月 「ひまわり」俳句会入会、高井北杜先生に師事

平成8年5月   西池冬扇、みどり両先生に師事

《現 在》 「ひまわり」幹部同人 俳人協会会員

《連絡先》 〒771-0360 徳島県鳴門市瀬戸町明神字下本城207

 

 

大木雪香(「海光」編集長、「青垣」会員)句集『光の靴』出来ました!

 

句 集:光の靴(ひかりのくつ)

著 者:大木 雪香(おおき・せつか)  第一句集

【序 文】渡辺 誠一郎「小熊座」編集長

 

薫風やテトラポッドの半乾き

彼女の俳句が、他の俳人の作品とは明らかに違ってみえた。

どこか危なっかしい言葉の斡旋が逆に新鮮だった。

―渡辺 誠一郎(序に代えてより抜粋)

 

【自選十句】

初鰹海から放り出されけり

星同士くつつきさうな熱帯夜

水揚げの鰯吐かるる太さかな

秋天をぐるぐる廻すいろは坂

きのふより胸のふくよか菊人形

冬紅葉日本語でしか言へぬ色

太陽から逃げ出すやうにスキーヤー

山茶花や箒の音のたてよこに

春の波とろりと靴を襲ひ来る

まつすぐに街は展けて花水木

ISBN978-4-909672-23-0  定価2,400円(本体2,182円+税10%)

 

【著者略歴】

大木 雪香(おおき・せつか)

本名:大木 深雪(おおき・みゆき)

1973年  千葉県松戸市生まれ

2003年 「埋み火の会」入会(指導 剱持 靖子)

2013年  第4回北斗賞第2位

2016年 「海光」入会(代表 林 誠司)

2017年 「海光」編集長

2020年  第16回日本詩歌句随筆評論協会賞4部門受賞

      詩部門:奨励賞 短歌部門:優良賞 俳句部門:奨励賞 随筆部門:協会賞

2021年 「青垣」入会(代表 大島 雄作)

 

《現 在》「海光」編集長、「青垣」会員、「埋み火の会」会員、俳人協会会員

《メール》imomushi_smile092012070107@yahoo.co.jp

神奈川県川崎市在住

 

角川春樹(「河」主宰)句集『オー・ソレ・ミオ』出来ました!

 

句 集:オー・ソレ・ミオ

著 者:角川 春樹(かどかわ・はるき)

 

たんぽぽのぽぽを抱きしめオー・ソレ・ミオ

 

私にとって詩歌とは「いのち」と「たましひ」の器であり、「永遠の今」を詠うことだと確信している。

―角川春樹(あとがきより)―

 

【収録句より】

一行の詩に生かされて花行脚

ゆく春やあられ泛きたる鯛茶漬

敗戦日そして、それから本生まる

卒園の空に吾子ありオー・ソレ・ミオ

鱈汁にいのちぬくもる家族の灯

子はいつか父を超えゆく龍の玉

深吉野の天へつらなる花廻廊

子と歩く今日あたらしき靴白し

妻と子と源義の月を仰ぎけり

寄せ鍋や詩歌(うた)は生活(たつき)の中にあり

父として生きたし吾子に屠蘇を注ぐ

魚は氷に上り沖には未来あり

あんず酸つぱい吾子の笑顔がきれい

 

ISBN978-4-909672-22-3  定価2,750円(本体2,500円+税10%)

 

【著者略歴】

角川 春樹

昭和17年1月8日富山県生まれ。

國學院大學卒業。
父・源義が創業した角川書店を継承し、出版界に大きなムーブメントを起こす。抒情性の恢復を提唱する俳句結社誌「河」を引き継ぎ、主宰として後進の指導、育成に力を注ぐ。平成18年日本一行詩協会を設立し、「魂の一行詩」運動を展開。

句集に『カエサルの地』『信長の首』(芸術選奨文部大臣新人賞・俳人協会新人賞)、『流され王』(読売文学賞)、『花咲爺』(蛇笏賞)、『檻』『存在と時間』『いのちの緒』『海鼠の日』(山本健吉賞)、『JAPAN』(加藤郁乎賞)、『男たちのブルース』『白鳥忌』『夕鶴忌』『健次はまだか』『源義の日』など。

著作に『「いのち」の思想』『詩の真実』『叛逆の十七文字』『角川源義の百句』、編著に『現代俳句歳時記』『季寄せ』など多数。

 

俳誌「河」主宰、角川春樹事務所社長。

 

杉原青二(「亜流里」同人)句集『ヒヤシンス』出来ました!

 

句 集:ヒヤシンス

著 者:杉原 青二(すぎはら・せいじ) 第一句集

【序 文】 中村 猛虎「亜流里」代表
【跋 文】 林 誠司「海光」代表

 

理科室の光歪めるヒヤシンス

これまでの句をまとめて、まずは記録に残しておこう。その上で捨て去り、次のステップに進んでいこう。自分のDNAに嵌るスタイルを模索し、だれも見たことのない俳句の世界を見てみたい。

―杉原 青二(あとがきより抜粋)―

 

【収録句より】

遊べよとばかりに引きし彼岸潮

三代のふぐりを見たる扇風機

蛇泳ぐ川面にエノラ・ゲイの影

蛍火か骨片かもうわからない

月読の陰に蛍が棲んでゐた

沢蟹を怒らせてゐる男かな

母逝きぬ金魚のごとく化粧して

包丁を入れても笑ふ鯰かな

万緑の山へ指呼する転轍手

鷹柱熊野古道は海に入る

妻帰る雪の匂ひをつけてきて

沼涸れて地下に帝国あるごとし

ISBN978-4-909672-26-1  定価:2,500円(本体2,273円+税10%)

 

【著者略歴】

本名:杉原 基弘(すぎはら・もとひろ)

昭和31年生まれ。
兵庫県立龍野高等学校卒。
同志社大学法学部法律学科卒。
兵庫県庁勤務(中播磨県民局県民室長、県立大学事務局副局長、防災企画局長、監査事務局長などを歴任)
学校法人行吉学園理事兼総務部長

平成22年 句会「亜流里」入会
平成24年 句会「ブラン」入会

現代俳句協会会員。

兵庫県たつの市在住

西岡みきを(「雲の峰」同人)句集『秋高し』出来ました!

 

句 集:『秋高し』(あきたかし)

著 者:   西岡 みきを(にしおか・みきお)

第一句集

【序 文】朝妻 力(「雲の峰」主宰)

 

犬連れて風と遊ぶ子秋高し  

西岡みきをさんは徹頭徹尾「真摯」である。

対象を見つめるにつけても、詩情を探るにつけても、一貫して真摯さを失わない。

六十の手習いで始められた俳句が、ここに大きく実を結んだ感がある。

-序文・朝妻 力-

 

【収録句より】

風鈴を吊るし山風呼びにけり

夕空や一羽遅れて刺羽飛ぶ

代替りしても殿なり村芝居

春めくや青を違へて松と竹

餌やりて探す贔屓の目高かな

村塾をいまに鳴きつぐ法師蝉

母の忌や厨の蠅をそつと追ふ

次々と相手の代はる初電話

何時しかに蝉も仲間に山暮し

庭先に人ゐる気配西行忌

行く春の札所の辻に竹箒

朝寒や週に二回の賃仕事

ISBN978-4-909672-24-7  定価:2,500円(本体2,273円+税10%)

 

【著者略歴】

本名:西岡 幹夫

昭和11年1月3日 釜山府佐川町で生まれる

昭和17年4月   釜山第八公立国民学校(釜山府凡一町)入学

昭和19年4月   山口県熊毛郡周防国民学校に編入

昭和40年3月   山口大学医学部大学院修了

昭和57年4月   香川医科大学教授

平成13年3月   香川医科大学定年退官

平成13年4月   香川医科大学名誉教授、現在に至る

平成15年4月   愛媛労災病院院長

平成18年3月   定年退職

 

以降、地域の病院で消化器内科の診療に携わる他、高松大学生涯学習教育センター講師、さらにNHK文化センター高松講師を務め、現在に至る。

 

平成18年より、結社「雲の峰」(朝妻 力主宰)に入会する。

 

《現 在》「雲の峰」照葉集同人、公益社団法人俳人協会会員

香川県高松市在住

 

松本美佐子(「鳰の子」同人)句集『三楽章』出来ました!

 

句 集:『三楽章』(さんがくしょう)

著 者:松本 美佐子(まつもと・みさこ)

第一句集

【序 文】柴田 多鶴子「鳰の子」主宰

【表紙画】松本 保佑(著者夫君)

 

白といふ色はこの雪踏みしめて

美佐子さんの句は着眼が個性的で、その着眼を句の形にする表現力が巧みである。

来し方をすべて肯定するすがすがしさがあり、読み進むと明るくて大らかな句の数々に読者も幸福感につつまれる。

―序文・柴田 多鶴子―

 

【収録句より】

蔭干しの子役の袴水狂言
ふるさとは水美しく青芒
問へば母今しあはせと新茶飲む
ゴンドラの影は植田を離れけり
草の束かざし牛呼ぶ白露かな
桃咲くやかまぼこ店に板届き
秋の山切株のまだみづみづし
柿すだれ波音高き父の里
あめんぼう互ひの脚にふれて跳ぶ
サーファーのひとりは未だ草の上
手のひらにころがる光龍の玉
やすらぎはけふあるふたり白障子    

ISBN978-4-909672-21-6   定価:2,200円(本体2,000円+税10%)

 

【著者略歴】

1944年 山口県生まれ

1996年 「柚」入会、大井雅人に師事、のち「柚」終刊

2006年 「春月」入会、戸恒東人に師事、のち「春月」退会

2015年 「鳰の子」入会、柴田多鶴子に師事

2016年 「鳰の子」同人

 

《現 在》「鳰の子」編集委員、俳人協会下院、大阪俳人クラブ会員

《住 所》〒561-0051 大阪府豊中市永楽荘2-13-15