今週の一句~春風(はるかぜ)  与謝蕪村

春風や堤長うして家遠し     与謝蕪村(よさ・ぶそん)

 

(はるかぜや つつみなごうして いえとおし)

 

最近になってこの句の良さ…というかテクニックに気が付いた。

この句は「堤」=「長い」、「家」=「遠い」という空間が存在する。

どちらも短い、近い空間ではなく、長い、遠い空間である。

それは蕪村の「郷愁」が持つ「空間」と考えていい。

この「家」はきっと蕪村の故郷の家なのである。

 

蕪村の生い立ちには「謎」が多いが、なんとなく複雑であったようである。

その郷愁の思いは、

春風馬堤曲

に集約されているので、それを見てほしい。

 

句オデッセイ~春風馬堤曲

 

「郷愁の空間」への誘うのが「春風」なのだ。

春風に吹かれ、蕪村の体も、そして心も、いや…堤を歩く、蕪村の「体」を置いて、「心」が春風に乗って、その郷愁の空間へと深く入っている…、そういう句ではないか。

そして、その春風はどこまでも伸びやかで温かい。

母の懐のような風なのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。