今週の一句~蜩(ひぐらし) 成田一子

かなかなや子供靴より砂無限     成田一子

 

(かなかなや こどもぐつより すなむげん)

 

「滝」2018年9月号より。

成田一子主宰は「滝」二代目主宰。

先年、お亡くなりになった、父・菅原鬨也氏のあとを継ぎ、主宰に就任。

まだ若い主宰である。

成田主宰の存在をはっきり意識したのは、辻桃子「童子」主宰の言葉による。

 

面白い感覚を持った、才能のある若い俳人がいる。

 

と教えていただいた。

それ以来、注視するようになったが、かねがね表現や発想の豊かな俳人だと感心していた。

編集長時代は、お住まいの宮城県仙台市へ行き、雑誌のグラビア撮影で、初めてお会いした。

音楽(ロック)が好きで、今でもバンド活動をしているそうだ。

 

なんとなく俳句は「国文科」出身の人が有利(?)のように思われがちだが、実際はそうでもないようだ。

特に音楽をやっていた人の作品は優れている。

音楽は不得手だが、俳句は「韻文」、つまり「調べ」「リズム」の文学であるから、きっとそういう点が共通するものがあるのだろう。

急にリズムを変える「転調」は、俳句の「転換」「ひねり」と共通しているのかもしれない。

(まあ、推測だが…)。

 

成田主宰の句はなにより発想がよく、表現が独特で、なおかつ、一句全体に「ハリ」がある。

「しらべ」が張っているからだろう。

 

掲句。

「無限」という表現に実に感心した。

一般的表現であれば、

 

かなかなや子供靴より砂こぼれ

かなかなや子供靴より砂尽きず

かなかなや子供靴より砂あまた

 

などとなるのではないか。

「無限」がいい。

上の句を見てわかるように、素材自体は、なんということもない、むしろ陳腐で、詠み古されたものと言っていい。

この「無限」という一語だけが「斬新」なのだ。

俳句は何を詠むかも大事だが、「どう詠むか」も大事である。むしろ俳句の歴史400年の厚みを考えれば、これからは「何を詠むか」より「どう詠むか」が重要になってくる。

とめどもなくこぼれて来る砂の小さな「滝」が見えるようである。

子供靴からいつまでも砂が尽きない、ということは、子供がそれだけ外で元気に遊んできた、ということであり、「無限」という言葉のイメージから、元気に遊ぶ子供の大きな「未来」をも表現している。

また、「無限」という言葉は「現実」と「非現実」の狭間へと読者を誘うのだ。

実に表現力豊かな俳人だ。

今後の活躍がますます期待される。

 

季語「かなかな」は秋の季語だが、夏の終わりの象徴でもある。夏休みが終わり、子供たちも「日常」へと帰ってゆくのだ。

 

 

今週の一句~蜩(ひぐらし) 成田一子」への2件のフィードバック

  1. 涼野海音さんから、私の句を取り上げて下さっている旨連絡いただき、のぞかせていただきました!

    なんだかもったいないような鑑賞文、本当にありがとうございます。

    「「無限」という言葉のイメージから、元気に遊ぶ子供の大きな「未来」をも表現している。」

    ~砂場遊びしてきた子供の靴をフリフリしてきれいにするという、かつての作業の大変さが報われた気がします

    素敵な鑑賞ありがとうございました!

    • 成田一子様  こちらこそいい句に出会えました。わざわざコメントありがとうございます。ますますのご活躍を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。