句 集:諸葛菜(しょかつさい)

著 者:石田 雨月(いしだ・うげつ)

【序 文】西池 冬扇「ひまわり」主宰

【跋 文】西池みどり「ひまわり」副主宰

 

両切りのピース吸いいし夏野かな

風雅の誠の求道者・石田雨月さんは情の人であり、家族愛にみちた人である。

庶民の気持ちを格調をもって詠じる風流師である。

ますます自由の境地で句の世界を広げていってほしい。

-西池  冬扇-

 

【収録句より】

踊り子に余寒の舞台回りけり

サッカーの傷を洗えば鳥わたる

病棟にたれか笛吹く秋の暮

なお白し霧のゆくえの男郎花

雪折れの赤松ならん無言館

春の夜の絵皿に試す墨の色

柔道着無口にたたみ夏終る

大塔へ寺の傘借る花の雨

昨日今日とつなぐ命や梅白し

鳴き龍を鳴かせ我が子と秋惜む

 

ISBN978-4-909672-25-4  定価2,500円(税込)

 

【著者略歴】

本名・秀憲(ひでのり)

昭和22年8月 徳島県鳴門市撫養町に生まれる

昭和59年6月 「ひまわり」俳句会入会、高井北杜先生に師事

平成8年5月   西池冬扇、みどり両先生に師事

《現 在》 「ひまわり」幹部同人 俳人協会会員

《連絡先》 〒771-0360 徳島県鳴門市瀬戸町明神字下本城207

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。