句集・結社誌を読む8~「漣」(前田摂子主宰)平成30年7月号

「漣」平成30年7月号

「漣」平成30年7月号

主宰 前田摂子 編集 前田摂子

結社誌、月刊、平成30年創刊、滋賀県大津市、創刊 前田摂子

 

主宰作品(「仰木集(四)」)より

早蕨を折りて小辺路の峠口    摂子

夕霞ひだる神憑く峠越

法要の日取り決めをり花の下

あたらしき駅の名長しチューリップ

道草のつもりの花に酔ひにけり

主宰作品として30句を掲載。

秀句が多く、新雑誌にかける情熱を感じる。

「今月の俳句」として、

石田波郷や小林康治、金久美智子の作品をあげ、「波郷門」を高らかに宣言している。

 

秀句抄である「湖光抄」より。

さくら貝奇稲田姫のおとし物   矢削みき子

ただよふは己が魂かもしやぼん玉   藤田 晴

桜満ちねむたき午後の歩幅かな   服部烏有

花果てて産着干されてをりにけり   辻まさ子

遠足の後ろ歩きをしてをりぬ   大口彰子

石田波郷の言葉「切れ字を疑うな」という言葉を思い出す。

「かな」「けり」の切れ字の調べがここちよい。

また、「漣」「湖光集」など、誌面のいたるところに「琵琶湖」の湖風を感じる。

他に、

○「漣」創刊記念合同句会報告

○坂本吟行記

○私の好きな季語  松本美和子

○現代俳句森々   橋本真理

○My風土記   辻まさ子

○添削広場   前田摂子

など、充実の誌面である。

摂子主宰は先日、第三句集『雨奇』も上梓。

新雑誌はどこも元気がいい。

しかし、ここ最近の新雑誌を見ると、さほどの熱気を感じない。

高齢化のせいか、新雑誌といっても、何かの事情…、例えば、旧雑誌が終刊し、会員の発表の場が無くなる為に創刊するなど、しかたなく…といっては変だが、そういう事情で、あまり熱気を感じない。

そういう意味では、今時珍しい(?)、熱気を感じる新創刊の雑誌である。

 

句集・結社誌を読む8~「漣」(前田摂子主宰)平成30年7月号」への2件のフィードバック

  1. 前田攝子です。お久しぶりです。
    小誌「漣」をご紹介いただき、「熱気を感じる」と書いてくださって、嬉しい限りです。
    御礼かたがた、「漣」誌への転載許可を頂きたくメールしました。
    会員の励みになると思いますのでよろしくお願いいたします。
    林様の新たなご出発と偶々時を同じくした新俳誌です。まだまだ手探りが続きますが、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

    • 前田様 お久しぶりです。お元気な様子、誌面より拝見しています。転載もちろんOKです。文章など適当に修正していただいてもOKです。お互いがんばりましょう!今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。